宇田荻邨 12号 『牡丹』

 


1903年 松坂第一尋常高等小学校に入学

1911年 同校卒

1913年 京都に移り菊池芳文、のち菊池契月に師事

1914年 芳文の勧めで、京都市立絵画専門学校別科(現:京都市立芸術大学)入学

1918年 同校卒。在学中から甲斐庄楠音、岡本神草らと研究会「みつりつ会」に加わり、卒業後も制作を続ける

1919年 第1回帝展で「夜の一力」で初入選

1923年 「花畑」が大阪毎日新聞社賞受賞

1925年 第6回帝展で「山村」が特選

1926年 第7回帝展で「淀の水車」(現大倉集古館蔵)が特選、帝国美術院賞を受賞

1925年 京都市立美術工芸学校教諭(~1929年)

1928年 帝展審査員

1929年 京都市立絵画専門学校助教授

1936年 同教授

1937年より文展出品

1950年 日展運営会参事

1956年 画塾白甲社を創設

1961年 日本芸術院会員

1962年 日展理事

1967年 勲三等瑞宝章受章

1973年 日展顧問